免疫学的機序による非溶血性輸血副作用頻度実態調査報告 INCIDENCE OF NONHEMOLYTIC TRANSFUSION REACTION DUE TO IMMUNOLOGICAL REACTIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

蕁麻疹や発熱などの輸血副作用は日常の輸血においてしばしば経験される副作用である. しかしながら, 軽症のことが多いため病院輸血部門や血液センターへ報告されることは少ない. そのためこれらの輸血副作用の正確な頻度は分かっていない. 2005年の厚生労働省の"免疫学的輸血副作用の実態把握とその対応に関する研究"班では, 正確な免疫学的副作用頻度を把握するため実態調査を実施した. 2004年度の同班での輸血副作用報告体制の全国調査で, 輸血副作用をほぼ100%把握していると回答された216病院に, 免疫学的副作用の発症数の報告を依頼した. 調査期間は, 2004年1~6月と2005年1~6月の各半年間とした.<br>160病院 (回答率74%) より回答を得た. 調査期間中の血液製剤輸血バッグ数は, 赤血球製剤が365,513バッグ, 血小板製剤が129,741バッグ, 新鮮凍結血漿が182,460バッグであった. 副作用頻度は, 血小板製剤による蕁麻疹が最も頻度高く2.76%, 2.79% (2004年, 2005年) であった. 次いで血小板製剤によるかゆみが0.62%, 0.54%, 赤血球製剤による発熱が0.41%, 0.40%, 血小板製剤による発熱が0.35%, 0.34%などであった. 血小板製剤における白血球除去製剤導入前後で蕁麻疹や発熱などの副作用頻度に変化はなかった.

Nonhemolytic transfusion reactions (NHTR), such as urticaria or fever, are frequently experienced after transfusion. These reactions are seldom reported to the transfusion division or regional blood center because these are not particularly severe. Therefore, accurate data on the incidence of NHTR are scarce. We surveyed 216 hospitals with a comprehensive reporting system for these reactions about the incidence of NHTR. The study periods were the first 6 months of 2004 and of 2005.<br>We received replies from 160 hospitals (reply rate, 74%). Total RBCs, platelets and fresh frozen plasma transfused during the study periods were 365,513 bags, 129,741 bags and 182,460 bags, respectively. The most frequently experienced NHTR was urticaria by platelets, with an incidence per bag of 2.76% in 2004 and 2.79% in 2005. The second was itching by platelets, with an incidence of 0.62% and 0.54%, respectively, followed by fever by RBCs, at 0.41% and 0.40%, respectively, and fever by platelets, at 0.35% and 0.34%, respectively.<br>The incidence of NHTR per bag of platelets did not change before and after prestorage leukocyte reduction.

収録刊行物

  • 日本輸血細胞治療学会誌  

    日本輸血細胞治療学会誌 53(1), 43-46, 2007-02-26 

    The Japan Society of Transfusion Medicine and Cell Therapy

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018733140
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12159645
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    18813011
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ