グラビア印刷におけるVOC規制と対策 VOC Restriction and Measures in Gravure Printing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Suspended particulate matter (SPM) is causative agent of a respiratory obstacle, and it is a second generated substance from a volatile organic compound (VOC) which discharged. It has to restrain release of VOC discharged from fixed outbreak source as a part of Japanese atmosphere environmental improvement. It is also considered to be a problem that VOC discharged from a gravure process. For release of VOC, regulations by law have been enforced, and a gravure process is also a target of this low, too. In a gravure process, restraining release of toluene has been performed, but discharge restraint of all VOC is demanded now. Therefore I will explain about release restraint measures of VOC in gravure process.

収録刊行物

  • 日本印刷学会誌

    日本印刷学会誌 44(1), 8-14, 2007-02-28

    社団法人 日本印刷学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

  • <no title>

    環境省水 大気環境局大気環境課

    平成17年度VOC (揮発性有機化合物) 排出抑制セミナー, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    (社) 環境情報科学センター

    揮発性有機化合物 (VOC) 排出に関する調査報告書-VOC排出抑制対策技術動向-, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    中央環境審議会 大気環境部会

    揮発性有機化合物 (VOC) の排出抑制のあり方について, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    中央環境審議会 大気環境部会

    揮発性有機化合物 (VOC) の排出抑制制度の実施に当たって必要な事項について, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    中央環境審議会 大気環境部会

    揮発性有機化合物 (VOC) 排出抑制対策検討会 第4回印刷小委員会, 2005, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    (社) 日本印刷産業連合会

    VOC排出抑制自主行動計画および実施状況, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    (社) 日本印刷産業連合会

    産業構造審議会報告, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    (社) 日本印刷産業連合会

    JFPIレポート, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    経済産業省

    PRTR排出量等算出マニュアル, 資料編, 2004

    被引用文献1件

  • 環境技術>METI-LIS (大気拡散モデル)

    社団法人 産業環境管理協会

    社団法人 産業環境管理協会 ホームページ

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018736648
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10161648
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09143319
  • NDL 記事登録ID
    8729254
  • NDL 雑誌分類
    ZP48(科学技術--印写工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-491
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ