DS-UWBを使用したRFID複数認識手法の有効性 The Evaluation of the Validity of RFID Multi-Access by using DS-UWB

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 磯田 大輔 ISODA Daisuke
    • 豊橋技術科学大学大学院工学研究科知識情報工学専攻 Department of Knowledge-based Information Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 小林 秀幸 KOBAYASHI Hideyuki
    • 豊橋技術科学大学大学院工学研究科知識情報工学専攻 Department of Knowledge-based Information Engineering, Toyohashi University of Technology
    • 杉浦 彰彦 SUGIURA Akihiko
    • 豊橋技術科学大学大学院工学研究科知識情報工学専攻 Department of Knowledge-based Information Engineering, Toyohashi University of Technology

抄録

本稿では,リーダ/ライタとRFID間の無線通信方式としてDS-UWBを採用し,複数のRFIDの瞬時認識手法について提案する。更に,UHF帯RFIDと提案方式の認識率特性を比較し,提案方式の有効性を検証する。

収録刊行物

  • 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society  

    電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society 127(3), 454-455, 2007-03-01 

    The Institute of Electrical Engineers of Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018738435
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10065950
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03854221
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ