水田を繁殖場とする魚類の水田からの脱出に関する研究 Migration of Fish from Paddy Fields

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 水田を繁殖・生育の場として利用している魚類の水田からの脱出に関する実態把握を目的とした.調査の結果, 次のことが明らかとなった.1) 取水後20~40日にかけて当歳魚が水田から多数脱出した.2) 水田から脱出した当歳魚の体長は, ドジョウが33.8±8.1mm, タモロコが21.0±43mmであった.3) 水田で艀化した当歳魚の脱出が取水後20~40日に活発に見られたため, 当歳魚が生育している取水後20日までは落水しないよう水管理を行い, 当歳魚の脱出が少なくなる取水後40日まで農薬散布を差し控えることが水田における魚類の生育に有効であると推察された.4) 中干し時の水田水深の低下に対し, タモロコ, フナ属等が先に脱出を始め, ドジョウは遅れて脱出を始めた.

Fish that live in and around paddy fields are impacted by agricultural practices, such as water drainage and pesticide application associated with rice farming. This study clarifies the behavior of fish when they leave paddy fields and their relationship to environmental factors. For example, water levels and pesticides. This study makes clear the following:(1) the fries of <I>Misgurnus anguillicaudatus, Gnathopogon elongatus elongatus, </I> and <I>Carassius</I> spp., left paddy fields 20 to 40 days after the start of the intake of water.(2) Standard lengths of the <I>M. anguillicaudatus</I> fries was about 30mm, and standard lengths of the <I>G. elongatus elongatus</I> fries was about 20mm.(3) The <I>G. elongatus elongatus</I> fries and <I>Carassius</I> spp. fries leave more quickly than the <I>M. anguillicaudatus</I> fries at the onset of water drainage.(4) Research shows that we must carefully manage the levels of water within 20 days of the initial intake of water from the irrigation ditches. For the pesticide application, 40 days is recommended.

収録刊行物

  • 農業土木学会論文集  

    農業土木学会論文集 75(1), 83-91, 2007-02-25 

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018743204
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00201203
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03872335
  • NDL 記事登録ID
    8729335
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-365
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ