大腸癌の分子標的治療 5. Molecular Target Therapy for Colorectal Cancer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 最近の消化管領域における癌薬物療法の進歩はめざましい.特に近年の分子生物学の進歩により,がん細胞に特異的な分子を標的にした治療薬,いわゆる分子標的治療薬も欧米では日常的に使用されるようになった.しかし残念ながら国内では消化器癌に対して承認された分子標的治療薬は存在しない.BevacizumabとCetuximabは2004年に米国のFDA(米国食品医薬品局)に認可された薬剤で,これまでに多くの臨床試験でその有効性が証明されている.これらは,将来の消化器がん治療の主役の一つになると考えられる.<br>

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 96(2), 289-294, 2007-02-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018752634
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8717681
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ