レニン・アンジオテンシン系の病態と治療 : 4)動脈硬化形成におけるRASの意義 Disease state and treatment of renin angiotensin system. 4) The significance of RAS suppression in the formation of arterioscleosis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松原 弘明
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学
    • 山田 浩之
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学
    • 横井 宏和
    • 京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌  

    日本内科学会雑誌 95(9), 1762-1768, 2006-09-10 

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018752996
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    8518747
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ