温泉水の酸化還元電位が人体に及ぼす影響について The Influence of Oxidation Reduction Potential of Spa Spring Water on the Human Body

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

緒言<br>温泉水は老化境象を示すことが知られていて、それは温泉水の酸化還元電位が増加し、その治療効果が失われることだと考えられている。しかし温泉水の酸化還元電位が生体に及ぼす影響については良く知られていない。痛風は薬物によってと同様に温泉によって、また鍼治療によって治療されてきた。それ故我々は酸化還元電位と尿酸排泄及び鍼治療と密接な関係にある良導絡との関係を調べた。<br>方法<br>各三名、三群の被験者が硫黄泉、炭酸水素塩泉及び水道水の風呂に入浴し、時間毎に尿酸排泄と良導絡を測定した。<br>結果<br>尿の尿酸クレアチニン比と良導絡電流は硫黄泉入浴後増加し、水道水浴後減少した。尿の酸化還元電位は尿の尿酸クレアチニン比および尿のpHと負の相関を示した。良導絡電流の変動は尿の酸化還元電位の変動と逆方向を示すことが多かった。<br>結論<br>浴水の酸化還元電位は尿の酸化還元電位や尿の尿酸排泄及び良導絡電流に影響を与えた。尿の酸化還元電位は体液の酸化還元電位を反映すると考えられるので、尿酸排泄や良導絡は体液の酸化還元電位によって影響されると考えられた。これらの所見は腎や表皮の細胞に電位依存性のトランスポーターやチャンネルが存在するので、酸化還元電位がそれらの細胞の膜電位に影響を与えたことを示すように思われた。更に尿の酸化還元電位は尿のpHと負の相関を示したので、酸化還元電位は電気的にpHを緩衝しているものと思われた。これらの事実は酸化還元電位を導くネルンストの式を用いて説明できるので、温泉の酸化還元電位は入浴によって生体に電気的な影響を与えるものと思われた。

<b>Background</b>: Spring water exhibits "aging", characterized by increased oxidation reduction potential (ORP) and diminished therapeutic efficacy. However, the influence of spring water ORP on the body during bathing is unknown. Gout has been treated by spa bathing and by acupuncture, as well as pharmacologically. We accordingly examined the relationship between ORP and uric acid excretion, and that between ORP and ryodoraku current, which is closely related to acupuncture.<br><b>Design</b>: Three groups of three volunteers each bathed in a different solution; sulphur-containing spring water, bicarbonate-containing spring water, or tap water. Serial changes in uric acid excretion and ryodoraku were measured.<br><b>Results</b>: Urinary uric acid: creatinine ratio and ryodoraku current increased after sulphur spring water bathing and diminished after tap water bathing. Urinary ORP was negatively correlated with urinary uric acid: creatinine ratio and urinary pH. Ryodoraku current and urine ORP changed in opposite directions.<br><b>Conclusion</b>: Bathing water ORP affected urinary ORP, urinary uric acid excretion, and ryodoraku current. Urinary ORP was assumed to reflect interstitial fluid ORP, suggesting that uric acid excretion and ryodoraku current were affected by interstitial fluid ORP. These findings appeared to indicate that ORP influenced cell membrane potential because voltage-dependent transporters or channels exist in the kidney and epidermis. Moreover, as urinary ORP was negatively correlated with urinary pH, ORP seemed to electrically buffer pH. As these findings can be explained by the Nernst equation by which ORP is derived, ORP of spring water might electrically influence the organism during bathing.

収録刊行物

  • 日本温泉気候物理医学会雑誌 = THE JOURNAL OF JAPANESE ASSOCIATION OF PHYSICAL MEDICINE, BALNEOLOGY AND CLIMATOLOGY  

    日本温泉気候物理医学会雑誌 = THE JOURNAL OF JAPANESE ASSOCIATION OF PHYSICAL MEDICINE, BALNEOLOGY AND CLIMATOLOGY 70(2), 94-102, 2007-02-01 

    日本温泉気候物理医学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018756456
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00186245
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290343
  • NDL 記事登録ID
    8709510
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-225
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ