純水浸透によるすきま腐食の防止 Prevention of Crevice Corrosion by Infiltrating Pure Water

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

すきま腐食は, すきま内の溶液の塩化物あるいは水素イオンの濃度が, それ以上であれば不働態金属が脱不働態化される臨界レベルを上回った際に発生する. したがって, 純水をすきま内に浸透性のガスケットを通して浸透させれば, それらの濃度は臨界レベル以下に保たれるかもしれない. 本研究では, この純水浸透法の, 製塩工場のフランジのすきま腐食防止への適用性について検討した. 10mmの有効すきま長さをもつ316鋼試験片のすきま腐食感受性を, 腐食すきま再不働態化電位 (<I>E</I><SUB>R, CREV</SUB>) から評価した. 浸透性ガスケットとしてろ紙円盤をすきまに挿入した. 試験液には70℃の模擬濃縮かん水を用いた. 純水を浸透させた時のER, CREVは, 浸透しないで測定されたものと比較し80mV貴であった. <I>E</I><SUB>R, CRE</SUB>Vが貴側へ80mV移行することは, 理論的には, 溶液のpHを1.2増加することと等価である. この結果は, 純水浸透を適用することにより, すきま腐食が効果的に抑制されることを示唆している.

Crevice corrosion occurs when the concentration of chloride or hydrogen ions in the solution inside the crevice exceeds the critical levels at which the passive metal begins to be depassivated. Therefore, if pure-water is injected into a crevice through a permeable gasket, their concentration might be kept below the critical levels. In this study, the applicability of this pure-water infiltration method to preventing crevice corrosion of flanges in salt production plants was investigated. The crevice-corrosion susceptibility of a type-316 specimen with about 10 mm of effective crevice length was evaluated from the repassivation potential for crevice corrosion (<I>E</I><SUB>R, CREV</SUB>). A paper-filter disk was inserted as the permeable gasket in the crevice. A simulated concentrated brine at 70°C was used for the test solution-The <I>E</I><SUB>R, CREV</SUB> when the pure-water was injected was 80 mV nobler than that measured without the infiltration. The 80 mV shift of the <I>E</I><SUB>R, CREV</SUB> to the noble direction is the equivalent of making the solution's pH increase by 1.2, theoretically. This result suggests that crevice corrosion can be prevented effectively by applying the pure-water infiltration method.

収録刊行物

  • 日本海水学会誌  

    日本海水学会誌 61(3), 165-168, 2007-06-01 

    日本海水学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018758726
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018645X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03694550
  • NDL 記事登録ID
    8849282
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山) // ZP8(科学技術--化学・化学工業--無機化学・無機化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z15-47
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ