蛍光ディファレンスゲル二次元電気泳動(2D-DIGE)法を用いた細胞内寄生性新興感染症起因細菌の宿主応答解析 Proteomic approach for protein expression profiling of promyelocytic leukemia cell line in response to infection with intracellular parasitic bacteria of emerging infectious diseases using two dimensional difference gel electrophoresis

この論文をさがす

著者

    • 内藤 博敬 NAITOU Hirotaka
    • 静岡県立大学 環境科学研究所 環境微生物学研究室 University of Shizuoka, Institute for Environmental Sciences, Laboratory of Environmental Microbiology
    • 大橋 典男 OHASHI Norio
    • 静岡県立大学 環境科学研究所 環境微生物学研究室 University of Shizuoka, Institute for Environmental Sciences, Laboratory of Environmental Microbiology

収録刊行物

  • 生物物理化学 = Journal of Electrophoresis  

    生物物理化学 = Journal of Electrophoresis 50(3), 201-210, 2006-09-15 

    日本電気泳動学会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018760657
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00129729
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00319082
  • NDL 記事登録ID
    8528159
  • NDL 請求記号
    Z18-127
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ