飽和標識法を用いた蛍光ディファレンシャル二次元電気泳動(2D DIGE)によるヒト腎糸球体のプロテオーム解析 Proteomic analysis of human kidney glomerulus with fluoresent 2D difference gel electrophoresis (2D DIGE) using saturation labeling

この論文をさがす

著者

    • 吉田 豊 YOSHDIA Yutaka
    • 新潟大学医歯学総合研究科附属腎研究施設構造病理学分野 Department of Structural Pathology, Institute of Nephrology, Graduae School of Medical and Dental Sciences, Niigata University
    • 山本 格 YAMAMOTO Tadashi
    • 新潟大学医歯学総合研究科附属腎研究施設構造病理学分野 Department of Structural Pathology, Institute of Nephrology, Graduae School of Medical and Dental Sciences, Niigata University

収録刊行物

  • 生物物理化学 = Journal of Electrophoresis  

    生物物理化学 = Journal of Electrophoresis 50(3), 211-215, 2006-09-15 

    日本電気泳動学会

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018760678
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00129729
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00319082
  • NDL 記事登録ID
    8528167
  • NDL 請求記号
    Z18-127
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ