地球温暖化対策としてのバイオマスのエネルギー利用 Promotion of Biomass Energy to Curb Greenhouse Gases Emissions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 関谷 毅史 SEKIYA Takeshi
    • 環境省地球環境局地球温暖化対策課 Climate Change Policy Division Global Environment Bureau Ministry of the Environment

抄録

バイオマスのエネルギー利用, 特に熱利用は, 地球温暖化対策, および, 石油依存度の低減に向けた取り組みとして, わが国でも期待が高まっている。バイオマスの中でも, 収集運搬の容易さなどから, 廃棄物系バイオマスが当面の原料として期待されている。京都議定書目標達成計画に盛り込まれたバイオマスの熱利用とバイオマス由来の輸送用燃料の導入に関する目標の達成に向けて, 環境省では, 2007年度の最重点施策として「バイオマスエネルギー導入加速化戦略」を掲げ, 取り組みを強化している。本稿では, 同戦略の基礎となった環境省設置の有識者会議「エコ燃料利用推進会議」によるバイオ燃料の大規模導入シナリオや普及目標, 同戦略に基づく具体的な取り組み状況を紹介する。

In an effort to curb greenhouse gas emissions from fossil fuel consumption, and to reduce economic dependence on oil, there are currently great expectations in Japan about the utilization of biomass as a source of energy, particularly for heat. Various types of waste are expected to be immediate sources of energy. The Ministry of the Environment has launched a new promotion program for Fiscal Year 2007 known as the <I>Biomass to Energy Acceleration Strategy</I>. This paper illustrates one possible scenario and specific efforts being made toward the large-scale introduction of biofuels under this new Strategy.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 18(3), 148-154, 2007-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018760732
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8766029
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ