食品廃棄物の有効利用によるゼロエミッションへの挑戦 The Challenge of Zero Emission through Effective Use of Food Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 満石 良三 MITSUISHI Ryozo
    • 生活協同組合コープこうべ 生産事業部製造管理課 Production Division Production Management, Consumers Co-operative Kobe

抄録

生活協同組合コープこうべは, 約500品目の製品を製造している六甲アイランド食品工場内から発生する様々な廃棄物の焼却・埋立て処分の全廃と再資源化を図るために, メタン発酵設備とおから乾燥設備からなる廃棄物処理設備を導入した。その廃棄物処理設備の導入の経緯と構成, 具体的な運転実績と導入による経済効果等を紹介し, 今後の食品工場における廃棄物系バイオマスの有効利用について述べた。

Co-op Kobe Rokko Island, a consumer cooperative in Japan, installed a waste treatment system in order to estimate the possibility of terminating thermal and landfill disposals and to recycle various wastes generated from the Rokko Island Food Factory, which produces a range of approximately 500 different products. The system uses a methane fermentation machine and a bean curd refuse drying machine.<BR>This paper not only introduces the background of the installation of this waste treatment system and its configuration, but also gives specific operation results and details the economic benefits brought about by the system. The paper also clearly suggests effective future use of waste-related biomass from food factories.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 18(3), 166-171, 2007-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018760739
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8766125
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ