ヨーロッパにおける Waste to Energy の動向 The Waste-to-Energy Trend in Europe

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヨーロッパにおいては, 地球温暖化防止, 最終処分場の容量の確保, 石油の代替エネルギーの確保等の観点から, 廃棄物からエネルギーを創出するWaste to Energyの動きが加速している。本報告では, Waste to Energyのなかの廃棄物の熱処理とバイオガス化によるエネルギー回収に注目し, ヨーロッパにおける最近の一般廃棄物管理とエネルギー利用制度の背景, 一般廃棄物処理とバイオマスの再生エネルギー利用の現状と今後の動向を紹介するとともに, Waste to Energyを実践している新タイプの機械的生物処理施設とバイオガス化施設の実例を紹介した。さらに, 日本におけるWaste to Energyの方向性を示した。

European countries are currently promoting Waste-to-Energy programs whereby various forms of energy can be produced from waste as a means of preventing global warming, reducing the amount of landfill waste, and developing alternative energy sources for oil.<BR>This paper focuses on European trends in energy recovery, with waste incineration and biogasification being used as measures for putting the Waste-to-Energy concept to work. The background of domestic waste management in Europe and laws regarding energy are introduced here, along with the current status of domestic waste management and utilization of renewable energy. The paper also includes reporting on three biogasification facilities and a mechanical-biological treatment facility, actually doing Waste-to-Energy in Europe at present. The paper also suggests ways in which the promotion of Waste-to-Energy can be taken up in Japan.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 18(3), 172-181, 2007-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018760742
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8766150
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ