低酸素雰囲気下での溶融処理における鉛の挙動に関する実験的研究 Experimental Study on the Behavior of Lead during Melt Processing in a Low Oxygen Atmosphere

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物中に含まれる鉛の溶融過程における挙動は, 溶融温度および加熱時間, 溶融室の雰囲気などの溶融条件や, 廃棄物中灰分の主要成分であるSiO<sub>2</sub>, Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>, CaO, Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>の含有割合などに影響を受けると考えられ, その影響度合いを実験的に検証した。雰囲気に関する実験条件として, 実際の溶融運転で容易に得られる5×10<sup>-3</sup>MPa程度までの酸素分圧で行った。その結果, 溶融条件に関しては高温かつ低酸素雰囲気で廃棄物からの鉛の揮散が促進され, かつスラグからの鉛溶出も少ないことがわかった。また, SiO<sub>2</sub>などの構成主成分の含有割合も鉛の挙動に影響を与えることを把握した。

The behavior of lead contained in waste during melt process is considered to be affected by the melting temperature, the heating time, the atmosphere and the content of the main constituents of the ash, such as SiO<sub>2</sub>, Al<sub>2</sub>O<sub>3</sub>, CaO and Fe<sub>2</sub>O<sub>3</sub>. Experiments were conducted under ambient conditions with oxygen partial pressure down to approximately 5 × 10<sup>-3</sup> MPa, which is easily achievable in actual melting operations. The experimental results also showed that the content of SiO<sub>2</sub> and the other main constituents also have considerable influence.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 18(3), 175-181, 2007-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018760814
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8766249
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ