廃木材から製造した木炭の比表面積に及ぼす炭化条件の影響 Effect of Carbonizing Conditions on the Specific Surface Area of Charcoal Made from Waste Wood

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, 廃木材の有効利用の観点から, 廃木材を原料に木炭を製造し, 床下などの調湿材料や各種吸着材料としての利用が進められている。吸着剤として利用する場合には, 吸着特性の優れた木炭の製造が必要である。<br>本研究では, 実際に発生している廃木材を原料に炭化を行い, 吸着特性の一つの指標となる比表面積に及ぼす炭化条件の影響について検討した。その結果, 廃木材を原料に, 窒素+二酸化炭素雰囲気中, 1,173Kで炭化した木炭では, 活性炭に匹敵する比表面積を持つ木炭が得られることを明らかにした。また, 窒素+二酸化炭素混合雰囲気中で炭化した木炭の比表面積は, 木炭の歩留まりと負の1次の相関関係があり, 炭化温度が1,073K, 1,173Kでは, 相関関係に対する温度の依存性が見られないことが判明した。<br>さらに, 1,273Kでの炭化では, 1,073や1,173Kでの炭化ほど, 木炭の比表面積が増大しないことが明らかとなった。

In order to produce charcoal with a high specific surface area, the effects of temperature and carbon dioxide in carbonizing atmospheres on the specific surface areas of charcoal carbonized from waste wood were examined. The results were as follows :<br>(1) The specific surface area of charcoal carbonized at 1173 K in N<sub>2</sub>+CO<sub>2</sub> atmosphere from waste wood is 1124 m<sup>2</sup>/g, which is comparable to that of activated carbon.<br>(2) The specific surface areas of charcoal carbonized at temperatures of 1073 and 1173 K in N<sub>2</sub>+CO<sub>2</sub> atmospheres increase as the yields of the charcoals decrease.<br>(3) The experimental results revealed that the reaction of C+CO<sub>2</sub> = 2CO promotes and enlarges the specific surface area of the charcoal. Carbon dioxide in carbonizing atmospheres is effective in enlarging the specific surface area of charcoal made from waste wood.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 18(3), 205-210, 2007-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018760873
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    8766311
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ