部分内臓逆位, 肝部後大静脈欠損および奇静脈連結を伴う静脈管開存症の犬の1例

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

部分内臓逆位を確認した門脈後大静脈シャントを有する雄のシー・ズー犬において後大静脈の部分的な欠損を認めた。X線透視装置を用いて後肢からの還流血管を確認したところ,後肢からの還流は門脈とシャントしている後大静脈を通らずに,奇静脈へとシャントして心臓へと流入することが確認された。造影CTスキャン検査画像を詳細に解析したところ,部分内臓逆位,肝部後大静脈欠損および奇静脈連結を伴う静脈管開存症と確定診断できた。本報告ではこれらの血管奇形について,診断学的および発生学的視点から若干の考察を加えた。

収録刊行物

  • 動物の循環器 = Advances in animal cardiology  

    動物の循環器 = Advances in animal cardiology 40(1), 28-34, 2007-06-01 

    獣医循環器研究会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018762519
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192925
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09106537
  • NDL 記事登録ID
    8870920
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1508
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ