新しい内痔核硬化療法 : ジオン注の臨床経験200症例 A New Sclerosing Therapy for Internal Hemorrhoids : Experience in 200 Cases with Zione Injection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新しい内痔核硬化療法剤であるジオン注は,硫酸アルミニウムカリウムおよびタンニン酸を有効成分とする局所注射用配合剤で,現在手術療法に代わる内痔核根本治療薬として期待されている.当院では2005年4月より,内痔核症例を中心に200症例の肛門疾患に対しジオン注治療を施行した.合併症として1例にジオン注投与後に嵌頓痔核を発生し,結紮切除術を施行した.退院後の経過観察中8例に再発(脱出)を認め,3例においてすでに再ジオン注投与を施行した.ジオン注投与前後で肛門機能検査および肛門エコー検査を施行したが,肛門機能への影響は認めなかった.ジオン注治療では,脱出.出血による症状は投与直後より劇的に消失した.現時点における短期成績では,ジオン注硬化療法は十分満足できる結果であった.

Zione injection is a promising new sclerosing therapy for internal hemorrhoids. The active ingredients in this combination drug preparation are aluminum potassium sulfate and tannic acid. This therapy has become the one used most often to treat patients with predominantly internal hemorrhoids at Kunimito Hospital since April 2005, and has yielded good overall results in 200 patients. Only one patient required resection and ligation because of hemorrhoid strangulation occurring after Zione sclerosing therapy. During follow-up, hemorrhoids recurred in 8 patients, three of whom have repeated sclerosing therapy by Zione injection. All patients underwent anal sensitivity testing, and anal endosonography before and after Zione injection, and no impairment of anal function due to the injections was suggested. In our hospital, short-term results with Zione treatment in 200 patients have been very good, anal prolapse and bleeding resolved immediately after injection, and prompt functional recovery was obtained.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(6), 317-321, 2006-06-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  9件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018768993
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ