アンケート調査によるストーマ造設患者におけるストーマ受容の解析 Questionnaire Analysis of Patients' Acceptance of Ostomies as a Handicap

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森田 美佳 MORITA M.
    • 関西医科大学 外科 消化管外科 Section of Gastrointestinal Surgery, Department of Surgery, Kansai Medical University
    • 吉岡 和彦 YOSHIOKA K.
    • 関西医科大学 外科 消化管外科 Section of Gastrointestinal Surgery, Department of Surgery, Kansai Medical University
    • 畑 嘉高 HATA Y.
    • 関西医科大学 外科 消化管外科 Section of Gastrointestinal Surgery, Department of Surgery, Kansai Medical University
    • 中野 雅貴 NAKANO M.
    • 関西医科大学 外科 消化管外科 Section of Gastrointestinal Surgery, Department of Surgery, Kansai Medical University
    • 岩本 慈能 IWAMOTO S.
    • 関西医科大学 外科 消化管外科 Section of Gastrointestinal Surgery, Department of Surgery, Kansai Medical University
    • 米倉 康博 YONEKURA Y.
    • 関西医科大学 外科 消化管外科 Section of Gastrointestinal Surgery, Department of Surgery, Kansai Medical University
    • 中根 恭司 NAKANE Y.
    • 関西医科大学 外科 消化管外科 Section of Gastrointestinal Surgery, Department of Surgery, Kansai Medical University

抄録

今回我々は,42名のストーマ造設患者へのアンケート調査により,ストーマケアの方法および,ストーマ造設患者の心理状態について検討した.その結果,人工肛門の装具に関しては,ワンピースが最多で21名であった.面板交換間隔は,3~4日毎が最多で22名,面板交換所要時間は,5~10分と10~20分が各々16名であった.主に本人が面板の張り替えを行っている患者が最多で31名であり,面板交換場所は,部屋が最多で20名であった.また,ストーマ患者のストーマ受容については,原疾患の良性・悪性の別,日常のストーマ管理に要する時間,臭いや漏れに対する心配術後の経過期間の長短や,そのストーマが一時的か永久的か,などとは関連が認められなかった.むしろ障害が排泄に関わるため,自尊心が傷つく事による,自己評価・自分に対する価値観の低下などとの関連が認められだ

This study enrolled 42 cases of ostomies to examine by questionnaire the relationship between the method of stoma care and the state of mind. Regarding the outfit, one piece was used in 21 cases. The time taken to exchange the outfit was 5-10 minutes in 16 cases and 10-20 minutes in 16 cases. Twenty patients exchanged the outfit in the room.<BR>Thirty-one patients mainly exchange their outfit by themselves.<BR>Patients' acceptance of ostomies as a handicap did not correlate with malignancy of causal disease, time taken to exchange the outfit, worry about smell and leak, postoperative period and whether the stoma was permanent or not. Rather, it correlated with a loss of selfassessment and self-value by hurting self-respect because of the handicap concerning excretion.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(6), 322-327, 2006-06-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ