十二指腸下行部出血性病変に対する内視鏡的止血法 Endoscopic Hemostasis for Bleeding in the Second Portion of the Duodenum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

十二指腸下行部からの出血性病変はまれであり, また出血源の同定が困難であることが多く, 治療に苦慮することも少なくない。当院では最近10年間で1, 396例の上部消化管出血を経験し, うち出血源を十二指腸下行部に認めたのは12例 (0.86%) であった。内訳は消化性潰瘍4例, 憩室出血3例, 静脈瘤破裂2例, 原発性膵癌浸潤1例, 粘膜下腫瘍1例, 動静脈奇形疑い1例であった。当院では詳細な観察ができ, 止血操作が容易になると考え, 直視鏡の先端に透明フードを装着して内視鏡的止血法を施行し, 全例で1次止血に成功した。出血源を確認し出血点が同定できれぼ, 胃や十二指腸球部からの出血に対する内視鏡的止血法を応用することにより, 少なくとも内視鏡的に一次止血が得られると思われる。十二指腸下行部からの出血に対しても内視鏡的止血法は有用と考えられた。

This paper addresses the use of endoscopic hemostasis in patients with bleeding from the second portion of the duodenum. Bleeding from the second portion of the duodenum is rare, and the source of bleeding can be difficult to locate in this area. Over the past ten years, we have experienced 12 cases of bleeding from the second portion of the duodenum. The cases consisted of four patients with ulcers, three with diverticula, two with varices, one with invasive pancreatic carcinoma, one with an AV (arterio venous malformation) fistula, and one with SMT (submucous tumor). We mounted a transparent hood at the tip of a forward-viewing endoscope and treated these active bleeding sources. Endoscopic hemostasis was successful in all 12 cases. Our results suggest that endoscopic hemostasis is useful for treating bleeding from the second portion of the duodenum. Endoscopic hemostasis may be adopted as a first line of treatment in cases with bleeding from the second portion of the duodenum.

収録刊行物

  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine  

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 26(4), 501-507, 2006-05-31 

    Japanese Society for Abdominal Emergency Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018769472
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10426469
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13402242
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ