森林の炭素循環における外生菌根菌の役割を研究する手法1 : 外生菌根の菌類含量を定量化する直接的な手法についての序論 Methods to study the role of ectomycorrhizal fungi in forest carbon cycling 1 : Introduction to the direct methods to quantify the fungal content in ectomycorrhizal fine roots

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

陸上生態系では, 菌根菌は炭素循環において重要な役割を担っていると考えられており, 菌根菌の役割を定量化するために菌根菌のバイオマスが研究されてきた。我々は, 炭素循環においてなぜ菌根菌が重要なのかを明記し, 菌根菌がどの程度森林の炭素循環に貢献しているか評価するための重要な要素の一つ, 外生菌根に含まれる菌根菌を直接的に定量する方法について紹介する。先駆的な研究では, 様々な森林において外生菌根の菌類含量の値として40%が用いられている。しかしながら, 近年の研究から40%という値は様々な森林のすべてに適切な値とは限らないことが示された。この報告を通じて, 外生菌根の菌類含量の値のデータを蓄積することの重要性を強調する。そのデータが蓄積されれば, 森林の炭素循環の推定をより正確に示すことができる。

In terrestrial ecosystems, mycorrhizal fungi are considered to have important role on carbon cycling and its biomass has been studied to quantify their role. We noted why mycorrhizal fungi are important on carbon cycling and focused one of the key factors to asses how much mycorrhizal fungi contribute on the forest carbon cycling, i.e., the biomass of mycorrhizal fungi in ectomycorrhizal fine roots. Three direct methods to quantify the ectomycorrhizal fungi in ectomycorrhizal fine roots were introduced. In the pioneer studies, the value 40% was used as a fungal content in ectomycorrhizal fine roots in many types of forests. However, recent studies showed that the value 40% was not always suitable in various types of forest. Through this report, we emphasize the importance of the further data accumulations in this study field that would lead more precise estimation of forest carbon cycling..

収録刊行物

  • 根の研究 = Root research  

    根の研究 = Root research 15(3), 119-124, 2006-09-29 

    Japanese Society for Root Research

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018777847
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11272904
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09192182
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ