カッティング技術のソフトとハードにわたる最新開発状況 : 貴社のスリッティングシステムは利益向上に貢献しているか Introduction of Latest Development of Dienes Cutting Technology Both in Soft and Hard : Is Your Slitting System Still Profitable

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ディーネス社による最近の「完全自動スリッターシステム」機器の開発とその技術進化には目ざましいものがある。その一つは,常に変わらない「カッテングポイント」を保持するための堅牢な機構とその制御システムである。機械的には既に数百台に実績を持つ特殊2軸(隙間ゼロ)機構と熱処理された各機械部品の組み合わせ。制御的にはPLC制御により「再研磨後の自動噛み合わせ(精度0.005mm以内)」と「連続的な側圧制御システム」である。又,位置決め機構とその制御システムは全く新しい機構により振動に強く且つ精度の高いシステムで構築されている。位置決め速度は一秒間に1,500mm且つ位置決め精度は±.0.1mm以内である(上下スリッターユニット5個から6個の組み合わせで30秒前後での設定)。<BR>その他数え切れない新しいシステムの組み合わせにより今まで起きていたスリッターでの多くのロスを減少し,同時に「多層紙のカッテング(ノンコート紙850g/m<SUP>2</SUP>,8層切り)」が可能になって来ている。又,繊細なカッテングの要求される紙質のものや新しい素材等に益々活用されて来ている。又,伝統あるドイツの刃物のメーカーとして,新しい素材による寿命の長い,切れ味の鋭い刃物の供給も続けている。

Concerning with Dienes "Full Automatic Slitting", we have to admit that there are lots of newly developed features beyond our expectation. One of them is a "Cutting point" to be kept mechanically with its system. Mechanically referred is a specially designed and manufactured "Ball-bearing knife holders axles (zero gap in between) " combined heat treated mechanical components. PLC control system can guarantee "Automatic depth adjustment" to be within ± 0⁄05 mm and its CSL to be continuously maintained.<BR>Automatic positioning system is guaranteed to be free from vibration and keep its accuracy ± 0.1mm with its speed 1,500mm⁄min (5 to 6 units combination of Top and Bottom knife can be positioned within approximately 30 second) . <BR>Based on these developments, a lot of cutting loss can be reduced together with increasing number of layers (multi layer of non coated paper, 850 g⁄m 2 can be cut smoothly) and contribute its manufacturing efficiency.<BR>Not only Automatic positioning system, Dienes as a long experienced German knife manufacture have been developing its original knife quality to be fit for clean cut with long life running.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(10), 1484-1487, 2006-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018784019
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8526353
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ