抄紙法を用いた機能性発熱シートの開発 The Development of a Functional Heating Sheets Using a Papermaking Technique

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

抄紙法を用いて,パルプ繊維に発熱粉体(鉄粉)と発熱反応触媒(活性炭)を固定化したシートタイプの発熱体を開発した。この発熱シートはパルプ繊維が骨材となり,その周りに鉄粉および活性炭が約90重量%と高密に充填された構造となっているため,従来の粉体型発熱体と比較し,優れた発熱効率を有し,「薄くてしなやか,幅広い発熱特性,多蒸気発生能,均一発熱,形状自由度が高い」等の特長を持つ。<BR>また,当社のヘルスケア研究所において,蒸気温熱効果による「血めぐり」に着目した温熱医療機器の研究が進められおり,この発熱シートはその商品の蒸気温熱基材として用いられている。蒸気温熱による生理活性効果に加え,非常に薄くしなやかでかつ発熱温度が均一であるため,装着時の違和感が低減され,心地よく使用できる商品構成となっている。

We have focused on adoption of pulp that is a recyclable material, instead of plastic that is an exhaustible resource, and developed "a paper bottle" in 2000 for the first time in the world as an attempt to the recycling society in the future<SUP>1∼2) </SUP>. In this development, we found out that the pulp is a material with a great diversity and can immobilize a functional powder at a high ratio<SUP>3) </SUP>. <BR>We have developed a ultra-thin and flexible heating sheet element with abundant steam generation by immobilizing the iron powder and the activated carbon on the pulp in a high density, applied paper-making technique<SUP>4∼6) </SUP>. <BR>In this paper, we report this heating sheet element that is quite different from a common heating element such as the body warmer.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(10), 1492-1497, 2006-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018784021
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8526363
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ