全幅水分計測装置 IQInsight

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

BM計が開発されてから50年余,この間QCS(BM計・紙品質制御システム等)は改良を重ねられ,当初の固定式センサからスキャニング方式となり全幅に渡る計測が可能となった。そして90年代のマイクロエレクトロニクスの発展により,より高分解能でインテリジェントなセンサが開発されるに至っている。<BR>一方,抄紙機全体も,2,000m/分に達する高速化,そして10mを超える拡幅化を達成している。しかし,未だQCSのバックボーンである紙品質の計測はその重要性が強く求められているにも関わらず,抄紙機プロセス制御に比べて非常に遅く,更にスキャニングセンサの特性からMD/CDの分離が困難な為,真のMD/CD値を計測する事は出来ていないのが現状である。<BR>更に,抄紙機の高速化における安定操業の為にも水分プロファイルの向上は重要となって来ている。そこで,これらの問題を解決するために開発されたのがIQ Insightである。<BR>IQ Insightは従来のスキャニング方式ではなく全幅同時計測を行える斬新な水分計測装置である。本装置は,マシン診断ツールとして,また操業用ツールとして使用出来,マシン効率のUP及び紙品質の向上の両方に寄与することが出来る。

A new, instantaneous full-sheet moisture profile measurement has been after the press section. This new measurement system, called IQInsight, takes instantaneous profiles of the moving paper using an array of infrared detector modules across the web. This measurement array and associated fiber optic cabling are embedded in a pressurized protective enclosure that is located early in the first dryer section.<BR>With this measurement, short-term machine direction and cross direction disturbances that cannot otherwise be seen clearly with traditional dry end scanning measurement are isolated and quantified. Specific examples of MD and CD stability problems that have been identified and corrected are presented.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(10), 1498-1504, 2006-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018784030
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8526367
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ