2006 Pan Pacific Conference 報告 : 2006年6月6日-9日ソウル(韓国)にて開催 The 2006 Pan Pacific Conference : June 6-9, 2006 at Seoul, Korea

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2006 Pan Pacific Conference が韓国のソウルで(6月6日~6月9日)Korea TAPPIの主催で開催された。紙パルプ技術協会の代表として,岡山東京農工大教授と豊福専務理事が参加した。Pan Pacific Conferenceは環太平洋の加盟8カ国の技術協会が2年に一度持ち回りで開催する会議で,2004年はオーストラリアのキャンベラで行われた。今回は日本から企業と大学をあわせて8件の発表が行われた。Conferenceでの日本からの発表と注目発表の概要について紹介する。

2006 Pan Pacific Conference was held (6-9 June) under the auspices Korea TAPPI in Seoul, Korea. Mr. Okayama, professor of Tokyo University of Agriculture and Technology and Mr. Toyofuku, executive director of JAPAN TAPPI attended the conference as the representatives of JAPAN TAPPI. Pan Pacific Conference is held every two years in the rotation of 8 countries of Pacific Rim. The conference was held in Canberra, Australia in 2004. At the 2006 conference 8 Japanese speakers attended. A summary of Japanese presentations and other interested ones are described.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(10), 1539-1546, 2006-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018784034
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8526400
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ