スウェーデン王立技術大学留学記 Report of Studying at Royal Institute of Technology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 木皿 幸紀 KISARA Koki
    • 王子製紙株式会社 研究開発本部 製紙技術研究所 R&D, Pulp and Paper Research Laboratory, Oji Paper Co., Ltd.

抄録

2005年1月から12月までの一年間,スウェーデン王立技術大学(Kungliga Tekniska Hogskolan,以降,KTHと表記)に留学する機会を得,研究員として,Department of Fibre and Polymer Technology(繊維・高分子化学専攻)のDivision of Wood Chemistry and Pulp Technology(木材・パルプ技術研究室)に在籍した。本留学を通して,パルプ蒸解分野の知識を学ぶのに加え,異なる文化,知識を持つ人々と交流することができた。本稿ではKTHでの研究活動および,留学の概要を紹介する。

The author had an opportunity to study at Royal Institute of Technology (KTH) in Stockholm, Sweden for one year in 2005. The author joined "Wood and Pulping Chemistry Research Network (WPCRN) " project in department of Fibre and Polymer Technology of KTH as a guest researcher. In this report, the review of WPCRN, the impression of the studying, and the life in Sweden are presented.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 60(10), 1554-1556, 2006-10-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018784036
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8526414
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ