酸化チタン含有人工ゼオライトの合成及びその消臭能 Synthesis of Artificial Zeolites Containing Titanium Dioxide and Their Abilities for Removing Bad Smell Substances

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

愛媛県四国中央市内の製紙事業所から排出された酸化チタンを含有する製紙スラッジ焼却灰を原料として酸化チタン含有人工ゼオライトの合成を試みた。原料の製紙スラッジ焼却灰の化学・鉱物組成分析を行った結果,約21wt%のアナターゼ型酸化チタンを含有することが明らかになった。この製紙スラッジ焼却灰に含まれる酸化チタンの有効活用を図るため,製紙スラッジ焼却灰中に,結晶構造の異なる3種類のゼオライト(NaP1,ゼオライトA,フォージャサイト)の合成を試みた。合成された各種酸化チタン含有人工ゼオライトの化学・鉱物組成分析を行った結果,いずれの酸化チタン含有人工ゼオライトにも約19wt%のアナターゼ型酸化チタンが含まれており,酸化チタンを含有した人工ゼオライトを得ることができた。<BR>得られた各種酸化チタン含有人工ゼオライトの評価として,代表的な悪臭物質であるアセトアルデヒドの除去試験を行った。アセトアルデヒドの除去試験結果から,原料の製紙スラッジ焼却灰ではアセトアルデヒドを吸着することが困難であったが,酸化チタン含有人工ゼオライトはアセトアルデヒドの吸着能を有する結果を得た。アセトアルデヒドの残存濃度の変化が小さくなった時点で,波長365nmのUV(紫外線)を照射したところ,製紙スラッジ焼却灰はUV照射によるアセトアルデヒドの濃度減少が認められなかったが,酸化チタン含有人工ゼオライトは,UV照射によりアセトアルデヒドの濃度減少が確認された。ゼオライト種がフォージャサイトの酸化チタン含有人工ゼオライトについてアセトアルデヒドの除去能が最も大きい結果が得られた。

Paper sludge (PS) has been discharged from paper-mill as an industrial waste of paper manufacturing processes. Most of them has been burned in an incinerator and thrown into the discard as solid waste for reclaiming a land. It is urgent matter to establish an effective technique for a recycling of PS, in consideration of current environment-oriented trend. In recent years, the formation of zeolites using PS ash has been reported. Acetaldehyde (CH<SUB>3</SUB> CHO) is a kind of toxic gas with strong fruity smell, and is contained such as in motor exhaust and tobacco smoke. It is strongly required to develop agents for removing toxic gases, in relation to current health-oriented trend. In this study, we tried to synthesize three types of zeolites, NaP1 (P-TiO<SUB>2</SUB>) , Zeolite A (A-TiO<SUB>2</SUB>) and Faujasite (F-TiO<SUB>2</SUB>) , from PS ash containing titanium dioxide, discharged from paper mills in Shikokuchuo-shi. These zeolites were produced by hydrothermal reaction with sodium hydroxide. The capacity of these formed zeolites containing titanium dioxide was evaluated by removing acetaldehyde experiment. All formed zeolites containing titanium dioxide had abilities for removing acetaldehyde gas. In particularly, F-TiO<SUB>2</SUB> showed the highest activity. It was suggested that the zeolites synthesized using from PS ash would have enough ability for the removal of toxic gas in atmospheric environment.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(10), 1561-1570, 2006-10-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018784041
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8526421
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ