乳房非浸潤癌術後対側に発生し乳癌と鑑別が困難であった多発性末梢性乳管内乳頭腫の1例 A Case of Multiple Peripheral Intraductal Papilloma which Needed to be Differentiated with the Breast Cancer after Resection of DCIS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 櫻井 健一 SAKURAI Kenichi
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 天野 定雄 AMANO Sadao
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 榎本 克久 ENOMOTO Katsuhisa
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 松尾 定憲 MATSUO Sadanori
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine
    • 北島 晃 KITAJIMA Akira
    • 日本大学医学部外科学講座乳腺内分泌外科部門 Division of Breast and Endocrine Surgery, Department of Surgery, Nihon University School of Medicine

抄録

症例は58歳, 女性。5年前に右乳房非浸潤癌 (DCIS) の診断で手術を受けている。経過観察中の超音波検査で左乳房E領域とC領域に辺縁不整な腫瘤を認めた。超音波検査で左乳房Eareaに14mmとCareaに8mmの辺縁不整なlow echoic massを認めた。造影MRI検査では, 造影効果のある腫瘤として認められ, time intensity curveはpeak and plateau patternを示し, 悪性が疑われた。穿刺吸引細胞診では2つの腫瘤ともにClassIII (鑑別困難 : indeteminate) であった。診断目的で腫瘤摘出術を施行。病理組織診断は両腫瘤ともにintraductal papillomaであり, 周囲にmastopathyやapocrine meta plasiaを伴っていた。末梢性乳管内乳頭腫の診断には筋上皮細胞の同定が重要であるが, 凍結標本では診断が困難な場合がある。これらのことを考慮して, 本疾患には慎重に対応することが重要であると思われた。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(4), 685-688, 2006-08-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018784914
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ