93歳女性に発症し, 急激な経過を呈した門脈ガス血症の1例 A Case of Acutely Progressive Portal Venous Gas in a 93 year-old Woman

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は35歳時の子宮筋腫での開腹術と85歳時の術後イレウスでの開腹の既往を有する93歳, 女性。今回腹部膨満と腹痛を主訴に搬送された。腹部所見および腹部CT検査にて, 術後の単純性イレウスと診断し, イレウスチューブによる減圧治療を開始した。しかし数時間後にイレウスチューブを自己抜去した後, 意識障害が出現し血圧低下とともにショック状態に至った。その際, 腹満が増強したため, 腹部の緊急CT検査を施行した結果, 入院時の腹部CT検査では認めなかったガス像が, 肝内門脈のほぼ全域と肝外門脈系, 肝皮膜下, 大循環系にまで認められ, 腹腔内にはfree airとともに出血と考えられる腹水を認めた。その後, 全身状態は急激に悪化し, 救急蘇生を行ったが, 入院から約13時間後に死亡した。病理解剖を行えなかったため, 原疾患は明らかでないが, 急激な経過を呈した比較的稀な門脈ガス血症を経験したので, 若干の文献的考察を加え報告する。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 31(4), 721-723, 2006-08-30 

    日本外科系連合学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018785012
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ