GERDの内視鏡診断 ENDSCOPIC DIAGNOSIS OF GERD

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

GERDは臨床症状と病態に基づいてつくられた疾患概念であり,内視鏡診断は補助診断的な役割を有することになる.ところが内視鏡検査はGERD症状を主訴とする例のGERD以外の疾患を鑑別するために,食道病変の有無と重症度を把握して病態を正確に理解するために,Barrett食道等のGERDの合併症の有無を判断し,これらの治療に対する反応性を知るためになくてはならない検査でもある.GERD例の内視鏡検査では各々の例で治療をおこなっていくうえで何が最も必要な情報であるかを十分に認識し,これを正確に得るための内視鏡検査を心がけるべきである.

Gastroesophageal reflux disease (GERD) is defined on the clinical symptoms and pathophysiology of the disease. Therefore, endoscopic study has a subsidiary role in the diagnosis of GERD. The information obtained by endoscopic study, however, is pivotal for finding other disease than GERD that may cause reflux-like symptoms, for understanding pathophysiology of reflux disease by grading esophageal mucosal lesions, and for identifying Barrett's esophagus and assessing the therapeutic effect on it after the endoscopic or medical treatment. Therefore, the purpose of the endscopic study should be well recognized by all the endoscopists before doing study on each patient with different problems. Gastroenterological Endoscopy

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 48(8), 1545-1555, 2006-08-20 

    一般社団法人 日本消化器内視鏡学会

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786146
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ