高齢者の圧迫性頚髄症の治療成績 Surgical Outcome of Cervical Myelopathy in Elderly Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 米 和徳 YONE Kazunori
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences Kagoshima University
    • 林 協司 HAYASHI Kyoji
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences Kagoshima University
    • 山元 拓哉 YAMAMOTO Takuya
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences Kagoshima University
    • 長友 淑美 NAGATOMO Yoshimi
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences Kagoshima University
    • 永田 政仁 NAGATA Masahito
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences Kagoshima University
    • 中村 俊介 NAKAMURA Shunsuke
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences Kagoshima University
    • 松永 俊二 MATSUNAGA Shunji
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences Kagoshima University
    • 小宮 節郎 KOMIYA Setsuro
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences Kagoshima University

抄録

当科において椎弓形成術を施行した圧迫性頚髄症336例の手術成績(JOA score 改善率)を年齢別に比較すると,40歳未満58.1%,40歳代49.1%,50歳代48%,60歳代44.7%,70歳以上36.4%であり,高齢者の成績は劣っていた.しかし,高齢者の圧迫性頚髄症にて手術を施行した群としなかった群を比較すると,JOA score は非手術群では10.1から7.7に低下していたが,手術群では7.3から10.7に改善しており,また,最終経過観察時の歩行不能例は手術群17%,非手術27%であった.しかも,Kaplan-Meierによる初診後5年での生存率は手術群0.915に対して,非手術群では0.745であった.高齢者の圧迫性頚髄症の手術成績は青壮年者の成績に比較し決して満足できるものではないが,自然経過による脊髄症状の悪化を防止し,生命予後にも好影響をあたえるものと考えられる.

The purpose of this study was to clarify the efficacy and benefits of surgical treatment in elderly patients with cervical myelopathy. Postoperative JOA score and neurological improvement rate were lower in elderly patients than in younger adult patients. In most elderly patients with cervical myelopathy who did not undergo surgical treatment, however, neurological deficits worsened gradually. Moreover, the survival rate at five years after the first admission to our clinic was 0.915 in elderly patients who were treated surgically, but 0.745 in those who did not undergo surgical treatment, suggesting that surgical treatment should be performed even on elderly patients with cervical myelopathy.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 293-296, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786698
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ