非腫瘍性脊髄髄内病変のMRIによる検討 Diagnosis of Non-neoplastic Intramedullary Spinal Cord Lesion Using MRI

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脊髄髄内病変を早期に診断し治療を開始することは重要であるが,その診断に難渋することも多い.最近我々が経験した非腫瘍性脊髄髄内病変3例をMRIを中心に検討した.症例1,66歳男性.(MRI所見)発症8日後,L1レベルのcord内にT1低信号,T2高信号,Gdにて増強される病変を認めた.発症4ヶ月後T1低,T2高,Gd陰性となる.症例2,63歳女性.発症2日後Th12~L1レベルのcord内にT1等~高,T2低,Gd軽度増強の病変を認めた.発症3ヶ月後,T1低~高,T2低となる.症例3,32歳女性.発症2日後,Th9~Th10のcordが局所腫大しT1低~等,T2低~高,Gdにて軽度増強される病変を認めた.発症11日後T1高,T2低~高,Gd増強となる.発症2ヶ月後T1低,T2低信号の中に高信号が点在,Gd陰性となり,病変部の脊髄萎縮が著明となる.以上より症例1脊髄梗塞,症例2脊髄出血,症例3脊髄出血性梗塞と診断.症例1及び2では麻痺は回復したが,症例3では完全麻痺の状態となった.

We experienced three patients with paralysis due to non-neoplastic intramedullary spinal cord lesion. Case 1 was a 66-year-old man who was diagnosed with spinal infarction. Case 2 was a 63-year-old woman with intramedullary spinal hemorrhage. Case 3 was a 32-year-old woman with spinal infarction with hemorrhage. Only case 3 remained completely paralysed. These cases were followed up by spinal MRI. For accurate diagnosis at early stage from onset, MRI is very useful for detecting intramedullary spinal cord lesion.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 306-312, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786721
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ