脊髄腹側のC2神経根 schwannoma に対する側方進入摘出術の小経験 Lateral Approach to C2 Root Schwannoma Located Ventral to the Spinal Cord : A Case Report

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山元 拓哉 YAMAMOTO Takuya
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
    • 米 和徳 YONE Kazunori
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
    • 松永 俊二 MATSUNAGA Shunji
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
    • 林 協司 HAYASHI Kyoji
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
    • 宮口 文宏 MIYAGUCHI Fumihiro
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
    • 長友 淑美 NAGATOMO Yoshimi
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
    • 今村 勝行 IMAMURA Katsuyuki
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
    • 永田 政仁 NAGATA Masahito
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University
    • 小宮 節郎 KOMIYA Setsuro
    • 鹿児島大学大学院運動機能修復学講座整形外科学 Department of Orthopaedic Surgery, Graduate School of Medical and Dental Sciences, Kagoshima University

抄録

脊髄腹側にあるC2前根糸由来の神経症腫に対し側方進入にて手術施行したので報告する.<BR>(症例)31歳男性.2003年2月上位頚椎のdumb-bell腫瘍に対し,後方進入にて環椎後弓切除・腫瘍摘出術施行.病理はschwannomaであった.myelopathyは軽快するも,MRI上脊柱管内に腫瘍は遺残.2004年9月左上肢の筋力低下出現.手術目的にて2005年6月入院.四肢DTRの亢進,左上下肢の筋力低下を認め,JOA scoreは11/17.脊髄は環椎レベルで腹側から著明に圧迫されており,側方進入摘出術を施行.胸鎖乳突筋後方より進入,腫瘍を内減圧し骨削除は行わずに全摘し得た.腫瘍はC2神経根前根と連続していた.術後大後頭神経領域の知覚低下出現するもmyelopathyは軽快した.<BR>(考察)上位頚椎部の脊髄腫瘍は呼吸麻痺や重篤な麻痺を来しうるため,特に良性の場合全摘が望ましい.腫瘍が脊髄腹側に存在する場合,側方進入摘出術は有用な方法と考える.

We used lateral approach to C2 anterior root schwannoma located ventral to the cord. A 31 year-old man who was operated to treat upper cervical dumbbell tumor by the posterior approach in December 2003, suffered recurrence of myelopathy because of residual tumor regrowth. In July 2005 we performed lateral approach and extirpated completely. This approach is useful for treating ventral lesion to the spinal cord.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 316-319, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786733
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ