当院におけるUKA(人工膝単顆片側置換術)の術後短期成績について Follow-up Study (short-term) on Unicompartmental Knee Arthroplasty

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【目的】当院で施行したUKAの短期成績について検討した.【対象および方法】対象は当院にてUKA施行した5例5膝,手術時平均年齢74.2歳,術後平均経過観察期間12ヶ月である.これらの術前・術後のJOA score,関節可動域,FTAの変化,その他インプラントの設置状況計測値につき評価を行った.【結果】JOA scoreは,術前平均50.0点が術後平均86.0点に改善,関節可動域は術前123.8°(-8.7°~132.5°)から136.2°(-1.3°~137.5°)へと軽度改善した.FTAは,術前平均180.4°が,術後平均174.6°となった.その他の計測値では,5°以内のばらつきが見られたが,特に問題は生じていなかった.【考察および結語】当院で施行したUKAの短期成績は概ね満足できるものであった.内側型OAに対して,適応を守れば比較的短期間の入院で良好な改善が望めるものと期待できる.

We treated osteoarthritis of the knee (medial type) with unicompartmental knee arthroplasty (UKA), and evaluated short-term clinical results. <BR>Five cases (five knee) were treated with UKA. The mean age was 72.0 years (1 male, 4 female), and mean follow-up period was 12 months. The mean JOA score improved from 50.0 preoperatively to 83.7 at the final follow-up period. The mean range of motion improved 123.8° to 136.2°. Partial radiolucent lines were not noted in all patients, and no components were thought to be clinically loose in the latest follow-up evaluation. UKA allows excellent short-term results with strict indications and requires careful longer term follow-up evaluation.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 328-332, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786745
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ