THAにおけるハイオフセットステム使用例の検討 Evaluation of Femoral Offset in Total Hip Arthroplasty with High-Offset Stem

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 堀 亜希子 HORI Akiko
    • 九州医療センター整形外科・リウマチ科・臨床研究部 Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, Kyushu Medical Center
    • 宮原 寿明 MIYAHARA Hisaaki
    • 九州医療センター整形外科・リウマチ科・臨床研究部 Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, Kyushu Medical Center
    • 江崎 幸雄 ESAKI Yukio
    • 九州医療センター整形外科・リウマチ科・臨床研究部 Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, Kyushu Medical Center
    • 寺田 和正 TERADA Kazumasa
    • 九州医療センター整形外科・リウマチ科・臨床研究部 Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, Kyushu Medical Center
    • 小原 伸夫 KOHARA Nobuo
    • 九州医療センター整形外科・リウマチ科・臨床研究部 Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, Kyushu Medical Center
    • 宮崎 清 MIYAZAKI Kiyoshi
    • 九州医療センター整形外科・リウマチ科・臨床研究部 Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, Kyushu Medical Center
    • 平田 剛 HIRATA Go
    • 九州医療センター整形外科・リウマチ科・臨床研究部 Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, Kyushu Medical Center
    • 川本 泰作 KAWAMOTO Taisaku
    • 九州医療センター整形外科・リウマチ科・臨床研究部 Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, Kyushu Medical Center

抄録

人工股関節置換術(THA)において,オフセットの延長は外転筋力の増加と可動域改善に有用である.今回,当科でおこなわれたJMM 910 Perfix HAハイオフセットステムを使用したTHA 36例41関節(変形性股関節症(OA)25関節,関節リウマチ(RA)16関節)について,スタンダードオフセットステムとハイオフセットステム間での術中可動域の比較をおこなうとともに,術前術後のオフセットの変化の程度についてX線学的に検討した.術中インピンジメントテストでは,スタンダードステムと比べてハイオフセットステムの方が内外旋角度が増加していた.術後femoral offsetの増加をOAの80%,RAの56%に認めたが,大転子-涙痕間距離の増加例はOAで40%,RAで31%,最大13mmであり,オフセットの過度増加例は無かった.術中の軟部組織過緊張による可動域制限や術後の大転子周囲の愁訴も認めなかった.

The purpose of the study was to evaluate the femoral offset change in total hip arthroplasty (THA) with high-offset stem. Forty-one hips of 36 patients who underwent cementless THA with high-offset stem from March 2004 to August 2005 were enrolled. There were 25 hips of 22 patients with osteoarthritis (OA), and 16 hips of 14 patients with rheumatoid arthritis (RA). Intraoperative impingement test revealed that the range of motion with high-offset stem was larger than that with standard offset stem. Postoperative radiographs demonstrated that femoral offset increased in 80% of hips in the OA group, and in 56% of hips in the RA group, although actual increase of the femoral offset from the pelvis was smaller in both groups. No excessive offset lengthening was seen in postoperative radiograph, and no patient had complaints around the greater trochanter. High-offset stem is useful for the restoration of femoral offset, which improves abductor muscle strength, and increases the range of motion.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 339-344, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786765
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ