大腿骨転子下骨折の治療成績 Results of Surgical Treatment of Subtrochanteric Fracture of the Femur

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山内 達朗 YAMAUCHI Tatsuro
    • 水俣市立総合医療センター整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Minamata City General Hospital and Medical Center
    • 中島 三郎 NAKASHIMA Saburo
    • 水俣市立総合医療センター整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Minamata City General Hospital and Medical Center
    • 井上 哲二 INOUE Tetsuji
    • 水俣市立総合医療センター整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Minamata City General Hospital and Medical Center
    • 渕上 徹郎 FUCHIGAMI Tetsuro
    • 水俣市立総合医療センター整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Minamata City General Hospital and Medical Center
    • 宮崎 信 MIYAZAKI Makoto
    • 水俣市立総合医療センター整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Minamata City General Hospital and Medical Center

抄録

大腿骨転子下骨折に対して,1996年1月から2005年4月までに当院で手術を行った47例中28例(使用固定器具は髄内釘タイプが26例,CHSが2例)について治療成績を検討した.受傷前独歩または1本杖歩行であった24例の内,術後も同レベルであったのは16例であり,28例中23例に骨癒合が得られた.遷延骨癒となった5例(いずれも髄内釘タイプを使用)の内,固定器具の折損やカットアウトを生じた3例に対しては再手術を施行し,他の2例についてはダイナミゼーションを行い最終的には全例で骨癒合が得られた.髄内釘は,閉鎖式手術にこだわらず,必要ならばワイヤーなどの追加固定も行うことが重要であり,骨癒合が遷延する場合はダイナミゼーションを行うべきであると考えられた.

From January 1996 to April 2005, we operated on 28 cases of the subtrochanteric fracture of the femur, using the intramedullary nail on 26 cases and CHS on two. In this study, we evaluated the post-operative results of the ambulation status and alteration in X-rays. Sixteen (67%) of the 24 patients who could walk before injury regained the ability to walk. In 23 patients (82%), bone union was obtained. In the other five patients with delayed union (all of them were operated with intramedullary nail), three were re-operated because of nail fracture or cut out. And two suffered from dynamization. Finally, all cases obtained bone union. We concluded that if good reduction cannot be obtained in the operation using intramedullary nail for the subtrochanteric fracture of the femur, we should add open reduction, and perform dynamization on cases of delayed union.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 351-354, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786783
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ