脊椎血管造影術中に生じた一過性皮質盲の症例 A Case Report of Transient Cortical Blindness during Embolization of Veins to Spinal Tumor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脊椎腫瘍の術前処置として,腫瘍血管の塞栓術を施行中,一過性皮質盲を生じた症例を経験した.一過性皮質盲に関する過去の報告では,発症直後のCTやMRIで後頭葉に異常像が見受けられた.我々もCTやMRIを施行したが,特記すべき所見は認められなかった.視力は,4病日で元に戻り,4ケ月時も変わらなかった.過去の報告と合わせて,この疾患は自然治癒の可能性が高いと思われた.

A man suffered transient cortical blindness during embolization of veins to spinal tumor. Immediate MRI showed right putaminal hemorrhage, which was suspected to have been present for a week. CT on the next day showed nothing. His vision was restored gradually. We suspect that the disorder was self-limiting.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 355-357, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786792
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ