高齢者における不安定型橈骨遠位端骨折に対する治療成績 : 創外固定群と保存療法群の比較 Outcome of Unstable Fractures of the Distal Radius in Elderly Patients : External Fixator versus Non-operative Treatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

60歳以上の不安定型橈骨遠位端骨折に対する治療成績を創外固定群と保存療法群の2群にわけ検討した.対象は2002年5月から2005年5月までに当院で加療した86例のうち,受診時60歳以上で不安定性を認めた32例である.創外固定群11例,保存療法群21例であり,骨折型は斉藤の分類でほとんどが粉砕Colles骨折であった.創外固定群ではX線成績が良好であったのに対し,保存療法群では不良であった.ROM,握力による機能評価,合併症,関節症変化,自覚的評価では両群間に有意差は認められなかった.また,斉藤の評価基準で評価した総合成績では両群ともに成績良好であった.高齢者の不安定型橈骨遠位端骨折においてはX線上変形治癒が残存しても機能的予後,患者の満足度は良好なことが多い.治療法の選択に際しては解剖学的整復位での骨癒合にこだわる必要はなく,保存療法でも良好な成績が得られると考えられた.

A consecutive series of patients aged 60 and over with unstable fractures of the distal radius were treated by external fixator (n=11) or non-operative treatment (n=21). Outcome of the treatment was assessed by Saito's scoring system. Patients treated by the external fixator had a statistically significant improvement in radial inclination (mean 21.5°), and volar tilt (mean 10°), as compared with the group treated by cast alone. However, there were no significant differences in functional outcome in terms of range of movement, grip strength, complications, and patients' satisfaction between both groups. A significant number of patients had good functional outcome and were satisfied with their results, even when malunion existed. We concluded that non-operative treatment is appropriate for unstable fracture of the distal radius in elderly patients.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 375-379, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786836
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ