上腕骨骨幹部骨折に対する横止め髄内釘法の検討 Study of Locked Intramedullary Nail for Humeral Shaft Fractures

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

横止め髄内釘法で手術を行った上腕骨骨幹部骨折7骨折を調査した.性別は男性3骨折,女性4骨折,受傷時年齢は平均67歳(40~91歳)であった.骨折型はAO分類でA2:2骨折,A3:1骨折,B1:1骨折,B2:2骨折,B3:1骨折で,骨折部位は全て中1/3であった.経過観察期間は平均12ヵ月(4~18ヵ月)であった.その結果,骨癒合は6骨折で得られたが,1骨折は偽関節となった.術後肩痛などの症状を訴えたものはなく,橈骨神経麻痺などの合併症もなかった.これらの事より,高齢者に対する順行性横止め髄内釘法は有効な手術方法であると考えられた.

We reviewed seven humeral shaft fractures treated by locked intramedullary nail. The patients were three males and four females. The mean age at operation was 67 years (range 40 to 91). AO classification of the fractures was: type A2 : 2, B1 : 1, B2 : 2, and B3 : 1. All fractures were located at the shaft (mid 1/3). The follow-up periods averaged l2 months (4 to 18) Bone union were observed in six fractures, but one fracture had nonunion. No cases complained of shoulder pain, or complication of radial nerve palsy after operation. This study suggests antegrade locked intramedullary nail to be an effective surgical method for humeral shaft fractures in elderly patients.

収録刊行物

  • 整形外科と災害外科  

    整形外科と災害外科 55(3), 385-388, 2006-09-25 

    West-Japanese Society of Orthopedics & Traumatology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786849
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00371033
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ