装具の底屈制動モーメントが片麻痺者の歩行に及ぼす影響 Effects of the plantar flexional braking function of AFOs on the gaits of hemiplegic patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 短下肢装具の底屈制動モーメントが片麻痺者の歩行に与える影響を, 複数の歩行分析項目で明らかにすることを目的とした. その中で, 歩行分析項目の重要性, 項目間の関連性, 歩行の改善が顕著な底屈制動モーメントの大きさと, 歩行自立度など他の要因との関連性について検討した. 対象は片麻痺者16例とし, 底屈制動モーメントの大きさを4段階に変えた装具歩行と裸足歩行の5条件の歩行を, 三次元動作解析システムで計測した. 歩行改善の指標として歩行分析項目7つを選択し, 各症例のそれぞれの項目について計測条件間の有意差の検定 (一元配置分散分析, Tukey's HSD test) を行った. 歩行改善の程度を歩行分析項目ごとに比較した結果, 改善の度合いを最も反映した項目は,「Initial Contact (IC)~Loading Response (LR) の重心 (COG) 進行方向速度」であり, 次に「非麻痺側歩幅」であった.「歩行自立度」と「歩行が改善した条件 (重複条件)」との関係では, 屋内監視群では底屈制動モーメントが大きいものが多く, 屋内自立群と屋外自立群では小さい傾向が認められた. 今回の研究結果から, 装具の底屈制動モーメントによる歩行の改善を評価するために, 歩行分析項目として「IC~LRのCOG進行方向速度」および「非麻痺側歩幅」が有効であることが示唆された. また歩行自立度が低く膝関節ロッキングパターンを示す片麻痺者では, 大きな底屈制動モーメントで歩行が改善し, 歩行自立度が高い片麻痺者では小さな底屈制動モーメントで改善する傾向が認められた.

収録刊行物

  • 日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development  

    日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development 22(4), 215-224, 2006-10-01 

    Japanese Society of Prosthetics and Orthotics

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018786944
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1006683X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09104720
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ