(-)-エピガロカテキンガレートによるクロロフィルaの光退色抑制作用 Inhibitory effect of (-)-epigallocatechin gallate on discoloration of chlorophyll-a by light irradiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 尾崎 加奈 OZAKI Kana
    • 中村学園大学大学院栄養科学研究科 Graduate School of Health and Nutrition Sciences Nakamura Gakuen University
    • 安田 みどり YASUDA Midori
    • 西九州大学健康福祉学部健康栄養学科 Department of Health and Nutrition Sciences, Faculty of Health and Social Welfare Science, Nishikyushu University
    • 水流 美智子 [他] TSURU Michiko
    • 西九州大学健康福祉学部健康栄養学科 Department of Health and Nutrition Sciences, Faculty of Health and Social Welfare Science, Nishikyushu University
    • 太田 英明 OHTA Hideaki
    • 中村学園大学大学院栄養科学研究科 Graduate School of Health and Nutrition Sciences Nakamura Gakuen University

抄録

近年, 無色透明のペットボトル入りの茶飲料の消費量が増大しているが, 光による緑茶の緑色色素 (クロロフィル) の退色が問題となってきている。そこで, 本研究ではクロロフィルa (Chl-a) の光照射に伴う退色反応に対する (-) -エピガロカテキンガレート (EGCG) の影響について調べた。Chl-aの光退色反応は, EGCGの添加によって抑制されることが明らかになった。これは, EGCGの濃度がChl-aの約10倍以上のときにみられ, アスコルビン酸との同時添加により, 相乗効果も認められた。緑茶溶液中のChl-aは, 光照射4時間後にはほとんどすべてが分解されたが, さらなるEGCGの添加により, この反応が幾分抑えられた。しかしながら, 本研究で予想していたものほど高い抑制作用を示さなかった。また, 緑茶溶液中のカテキン類の濃度は, 光照射時間に伴って緩やかに減少した。以上のことから, クロロフィルの緑色の保持にカテキンが寄与することが示唆されたが, 緑茶溶液の長時間の保持には期待できないことが明らかになった。

The consumption of green tea in colorless and transparent pet bottles has increased recently. However, there is a problem of the discoloration of thegreen pigment (chlorophyll) in green tea by light. This study was carried out to investigate the effect of (-) -epigallocatechin gallate (EGCG) on the discoloration of chlorophyll-a (Chl-a) by light irradiation. EGCG inhibited the discoloration of Chl-a when its concentration was 10 times greater the Chl-a concentration. Moreover, the simultaneous addition of EGCG and ascorbic acid resulted in a synergistic inhibitory effect on discoloration of Chl-a by light irradiation. All Chl-a in the green tea ethanol solution was decomposed by light irradiation for 4 hours. In spite of the addition of EGCG (1mM) to the green tea solution, the inhibition of the discoloration of Chl-a was not as strong as that predicted in this study. The concentration of catechins in the green tea solution decreased slightly during light irradiation. Therefore, although the inhibitory effect of EGCG on the discoloration of Chl-a was noted, it was not clearly observed in the green tea solution.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science  

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 32(6), 263-268, 2006-11-30 

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018787912
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    8616822
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ