野草抽出物による食品有害細菌の生育抑制 Growth Inhibition of Food Spoilage Bacteria by Wild-Grass Extracts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

滋賀県彦根市内に自生している25種の野草からの熱水抽出物 (同一種の部位別を含め, 28試料) による<I>E. coli, S. aureus, B. subtilis, P. mirabilis</I>に対する生育抑制効果を測定した。1% (w/v) の試料を添加した寒天含有ブイヨン平板培地に菌を接種し, 菌の生育の有無で, 生育抑制効果 (抗菌力) を判定した。その結果, 18試料 (15種) が1種類以上の菌に対して, 抗菌力を示した。抗菌力の強い野草抽出物の抗菌活性を最小生育阻止濃度 (MIC) により比較した結果, メマツヨイグサとオオニシキソウ (葉) が, すべての菌に対して強い抗菌性を示し, その抗菌力は緑茶抽出物に匹敵した。

Water extracts from 25 species of wild grasses were examined for their antimicrobial activities against four food spoilage bacteria, <I>Escherichia coli, Staphylococcus aureus, Bacillus subtilis</I>, and <I>Proteus mirabilis</I>. The water extracts were preliminarily screened for their antimicrobial activities at 1 % (w/v). The water extracts from <I>Reynoutria japonica</I> (leaves), <I>Euphorbia maculata</I> (leaves or aerial parts), <I>Artemisia capillaries, Potentilla fragarioides</I>, and <I>Oenothera biennis</I> inhibited the growth of all the bacteria tested. The minimum inhibitory concentration was determined by the two-fold dilution method. The water extracts from <I>E. maculata</I> (leaves) and <I>O.biennis</I> showed particularly low MICs, almost equal to that of green tea.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science  

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 32(6), 269-273, 2006-11-30 

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018787934
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    8616834
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ