絹セリシンを用いたビタミンEエマルション調製法の再現性について Study on reproducibility in preparing a vitamin E emulsion using silk sericin

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

家蚕(<i>Bombyx mori</i>)繭層から熱水抽出したセリシンのエマルション能を評価するために、高速攪拌乳化装置を用いてビタミンE(α-トコフェロール)を再現性よくエマルション化できる条件を見出した。セリシンのエマルション能はビタミンEの添加時期によって変化し、ビタミンEを攪拌振盪処理前に添加すると攪拌振盪処理中に添加した場合に比べてセリシンのエマルション能が有意に低下した。セリシンとビタミンEの重量混合比が1:5のとき、セリシンはビタミンEを効率的にエマルション化することが明らかになった。また、リン酸緩衝液(pH7.3)濃度はエマルション化度に影響を及ぼさなかったが、3mM以上のリン酸緩衝液試験区ではエマルション安定性が低く、24時間静置後にセリシンが不溶化した。

For evaluation of the emulsifying ability of sericin extracted directly from fresh cocoons of <i>Bombyx mori</i>,are producible method has been formulated for preparing a vitamin E (α-tocopherol) emulsion through mechanical agitation using a high-speed homogenizer. The emulsifying ability varied depending on the timing of vitamin E addition, decreasing significantly when vitamin E was added prior to agitation in comparison with that when added along with agitation. It was shown that sericin effectively emulsified vitamin E when mixed in a sericin/vitamin E ratio of about 1 to 5 in weight. The concentration of phosphate buffer solution did not affect the emulsifying ability of sericin. Emulsions, however, were labile in solutions containing 3mM or higher sodium phosphate buffer (pH7.3), showing some insoluble sericin material after standing quiescent for 24h.

収録刊行物

  • 日本シルク学会誌 : 日本シルク学会研究発表要旨集録  

    日本シルク学会誌 : 日本シルク学会研究発表要旨集録 15, 49-54, 2006-12-01 

    The Japanese Society of Silk Science and Technology

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018788435
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11828182
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1880-8204
  • NDL 記事登録ID
    8701219
  • NDL 雑誌分類
    ZP33(科学技術--繊維工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-B95
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ