狭葉化による生産構造の変化:渓流型リュウキュウツワブキと陸生型ツワブキにおける葉内構造と光合成特性の関連性 Functional consequences of stenophylly for leaf productivity : comparison of the anatomy and physiology of a rheophyte, Farfugium japonicum var. luchuence, and a related non-rheophyte, F. japonicum (Asteraceae)

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Journal of plant research  

    Journal of plant research 119(6), 645-656, 2006-11-01 

    Springer Japan

参考文献:  47件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018809056
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10900218
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09189440
  • NDL 記事登録ID
    8684177
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z53-W405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ