造影剤腎症(原標題は英語) Contrast medium-induced nephropathy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヨード系造影剤を使用する画像診断の件数の増加,また腎障害,糖尿病,高齢など造影剤腎症のリスクファクターを持つ対象症例の増加で,低腎毒性の造影剤の普及にもかかわらず,造影剤腎症はいまだ頻発する医原性疾患であり,その防止には大きな関心が寄せられている。しかし,発症機序にも不明な点が多く,現時点では,造影剤使用量の低減,脱水の補正のみが確立した防止策であり,国内外にかかわらずしばしば行われてきた,いわゆる予防的血液透析の有用性も,現在は否定されている。造影剤の使用,特に高リスク症例への使用にあたっては,医師はこのような造影剤腎症に関する最新の見解や対応策を理解しておく必要がある。

Contrast medium-induced nephropathy (CIN) is a serious clinical problem despite common use of low-nephrotoxic non-ionized low-osmolar contrast media, because of the increased usage of radiocontrast-media and the growing number of patients with risk factors of CIN, such as renal dysfunction, diabetics, and high age. Therefore, prevention of CIN is a critical matter of concern for clinicians. However, the underlying mechanisms of CIN remain speculative and no definitive method for prevention of CIN has been confirmed except for the partial validity of dose reduction of the contrast media and intraveous infusion of saline for correction of hypovolemia. Furthermore, pre-emptive hemodialysis, though performed worldwide without solid evidence, has been proven invalid. When using iodinated contrast media, especially to the high risk patients, clinicians should be equipped with the current concept of CIN, applying appropriate methods for renal protection.

収録刊行物

  • 日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine  

    日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine 13(4), 423-430, 2006-10-01 

    The Japanese Society of Intensive Care Medicine

参考文献:  45件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018810174
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10474053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13407988
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ