マグネシウム大量持続投与が筋弛緩や交感神経緊張抑制に有効であった重症破傷風の1例 The usefulness of continuous infusion with high dose magnesium sulphate for obtaining muscle relaxation and sympathetic over-activity in a case of severe tetanus

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine  

    日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine 17(2), 62-66, 2006-02-15 

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018811168
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10284604
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0915924X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ