耳下腺腺房細胞の調製法 Preparation of parotid acinar cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

耳下腺の分泌機能を調べるにあたり,細胞の調製方法は実験の可否に影響を与える.我々は細胞を単離せず機能単位である腺房構造を残したまま腺房細胞を調製し実験に用いている.本稿では耳下腺腺房浮遊細胞の調製方法について紹介する.耳下腺はラットをエーテル麻酔下で心臓を穿刺して脱血した後摘出する.さらに,脂肪組織,結合組織,リンパ組織を取り除いて酵素液中で細切する.酵素液はコラゲナ-ゼ,ヒアルロニダ-ゼおよびBSAをDMEM培地に添加し作成する.細切した耳下腺は酵素液中で1分間に50回振盪し37℃で1時間培養する.この間20分おきにガス交換(95%O<sub>2</sub>,5%CO<sub>2</sub>)とピペットによる撹拌を行う.耳下腺腺房細胞はHepes(pH7.4)を含むHBSS(HBSS-H)にBSAを添加した培養液で3回洗浄し,さらに37℃の同液中で20分間培養する.最後に酵素処理後の耳下腺腺房をナイロンメッシュ(190 μm)にて濾過し大きさをそろえ,新しいHBSS-H中に浮遊させ実験に用いる.この方法で調製すると1から数個の腺房を持つ大小混在した腺房組織塊を得ることが出来る.また,DMEMにBSAや成長因子のEGFを添加した培養液中で保存することにより,調製8時間後までであれば生存率は90%以上となる.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(4), 239-243, 2006-10-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018811466
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    8528068
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ