新規拘束器とチェックリスト法を用いたマウス顎運動観察記録法 Observation and recording of mouse jaw movements with a novel restrictor system and a behavioral check list

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,ドパミン受容体機能を欠失させた各種の遺伝子ノックアウトマウスが作出された.これにより,抗精神病薬の慢性投与時や加齢で発症する不随意顎運動に関わる受容体サブタイプを,より詳細に検討できる可能性がもたらされた.一般に,マウスは小さく,その行動が俊敏なため,顎運動の解析には不向きであるが,マウスの顎運動を観察評価する方法の必要性が生じてきたので,簡便で軽度にマウスの頚部を固定する顎運動観察用器具を作製し,'rapid time-sampling behavioural check list法'を援用した顎運動の測定法を考案した.本稿ではまず,この方法の妥当性を検討し,次に本法によって,各種ドパミン受容体ノックアウトマウスの特性を評価した実例を示した.その結果,(1)D<sub>1</sub>,D<sub>2</sub>受容体ノックアウトマウスではそれぞれの野生型と比べて顎運動の発現パターンに差が認められ,D<sub>5</sub>受容体ノックアウトマウスにもわずかな差が認められたが,D<sub>3</sub>受容体,D<sub>4</sub>受容体およびDARPP-32ノックアウトマウスではほとんど遺伝子欠損の影響は認められないことが明らかとなった.以上の結果から,本顎運動観察用器具はマウスの顎運動の観察・評価に有用であり,特に,遺伝子改変マウスの顎運動評価に役立つものと考えられた.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(4), 244-249, 2006-10-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018811473
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    8528082
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ