オフィスサージャリーの適応と限界耳のオフィスサージャリー : 適応と限界

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 星野 知之
    • 浜松医科大学浜松耳鼻咽喉科サージセンター

抄録

耳のオフィスサージャリーと考えられるものは,一般外来診療の合間に行われるもので,切開術,肉芽の除去,穿刺,穿刺•縫合固定,組織生検,鼓膜換気チューブ留置術などが挙げられる.将来行われるようになると予想されるものには,内視鏡を使っての中耳腔内の処置や手術などがあるが,現在ではなお一般的ではない.<br>これらの手術を安全に行うためには,解剖を熟知しておくこと,鑑別疾患をふくめて病態を術前に診断しておくことが重要である.また切除した組織や生検の材料をどの検査にまわすか,これも手術の重要な部分である.病理検査なら何を疑うかを記入することで,特殊染色の種類が決まってくるし,同時に細菌検査や真菌の検査が必要かどうかも決める必要がある.<br>オフィスサージャリーは大部分を局所麻酔で行うが,肉芽の鉗除や切除では表面麻酔で十分である.切開ではイオントフォレーゼによる麻酔,穿刺•固定では局所注射による浸潤麻酔が必要となる.耳の領域では大きな出血を起こす疾患はきわめて少なく術後はアドレナリンや過酸化水素水の塗布,圧迫で大部分が止血できるが,出血を短時間でコントロールでき,大きな出血にも対処できるバイポーラ凝固装置があればなお望ましい.<br>耳介の手術は肉眼で行うことになるが,外耳道や鼓膜,術後創の手術や処置は顕微鏡下に行うと良く見えて安全である.術前に十分に説明し言葉をかけながら操作をすすめると,受ける側の協力が得られ,体の動きが減りより安全に行える.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報  

    日本耳鼻咽喉科學會會報 109(10), 729-735, 2006-10-20 

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018811596
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    8557891
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ