味覚障害の診断・治療における心理テストの有用性について Clinical Investigation Using a Self-rating Depression Scale in Subjects with Psychosomatic Taste Disorders

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,味覚外来における心因性味覚障害の患者が増加している.今回我々は,自己評価式抑うつ性尺度(self-rating depression scale:SDS)の有用性について検討した.2001年1月から2004年10月までの3年9ヵ月の間に兵庫医科大学耳鼻咽喉科味覚外来を受診し,SDSテストを施行することのできた258例(男性85例,女性173例,平均年齢61.1歳)を対象とした.初診時に問診,SDSテスト,電気味覚検査,濾紙ディスク法,安静時唾液検査を施行した.SDSテストにおける精神状態の分類と味覚障害治療の転帰には関連があり,SDS正常群では回復•回復傾向が79.8%,SDSスコア神経症群では,71.7%が回復•回復傾向にあるが,SDSスコアにて抑うつ状態を示す群では,回復•回復傾向を示したのは,50%に過ぎず,抑うつ状態の患者では治療効果が低かった.SDSテストは精神状態を数値化し,短時間で簡便に施行することができるため,患者状態の把握や治療判定に有用であると思われた.

In recent years, the number of patients with psychologenesis taste disorders has increased.<br>In this study, related psychological factors were examined in 258 patients (85men, 173women) using a self-rating depression scale (SDS). The results were as follows:<br>1) 189 patients reported normal psychological factors, 2) 173 patients reported neurotic sates, and 3) 40 patients reported positive correlations with a depressive sates, Most of the patients, self-reported results were not correlated with taste function tests. On the other hand, the patients with depression had reduced salivary secretion tests results.<br>Only 50% of the patients with depression recovered their taste functions.<br>These results suggest that the SDS test may be useful for diagnosing taste disorders and monitoring effects of treatment.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報  

    日本耳鼻咽喉科學會會報 109(10), 736-741, 2006-10-20 

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018811602
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    8557898
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ