Octreotide 常用量で著明高血糖を呈し、極少量1回投与が最適治療と考えられたインスリノーマの1例

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本内分泌学会雑誌  

    日本内分泌学会雑誌 82, 81-83, 2006-10-20 

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018812467
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195891
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290661
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ